自分の“結婚市場価値“考えたことありますか?

こんにちは。
マリッジアドバイザーの金田つばさです。

今日は、友人にメイクを習い、
そして久しぶりのholoさんでランチをしました。

私のお客さんにもメイクの知識を伝授していきたいです!
そしてholoさん、どれもこれも美味しいので、皆さんも是非お出かけください。
【住所:島根県出雲市今市町541番地2】

つい一目惚れしたチュニジアの“コッファ”というバッグも購入させていただいましたので、今日から私たちの事務所へ仲間入りです☆☆☆

さて、今月もたくさんのお見合いをセッティングしておりますが、、、
ある現象が!

それは、
「女性余り」の状態。。。

原因はただ一つ。

とにかく男性が女性を選ぶうえで、
容姿と年齢で条件を絞り過ぎていると感じてしまいます。
いわゆる狭い範囲で選びすぎているのです。

なので、最近皆さんにお話ししていることがあります。
それは、自分の好みの方を選ぶ前に、
正確な自分の「結婚市場価値」を考えてみてくださいと。

結婚市場価値とは、
自身の年収・職業・学歴・身長といった
スペックのことです。

厳しいことを言うようですが、
男女どちらかの市場価値がずれている場合、
お見合いが成立することはほとんどあり得ないのです。

例えば、資産も預貯金もなく年収が極端に低い高年齢の男性が、
見た目もとても綺麗な若い女性にお見合いを申し込んでも、
答えは必ずNOとなってしまいます。

これは当然極端な例ですが、
ここまでといわずとも、
自身の市場価値を忘れる、
または無視する人は多いのが現状です。

そういった人に限って、
多数の女性がいる状況の中で
「いい女性がいない!」
と言われたりするのです。

これでは、いつまで経ってもお見合いが成立しないことは目に見えてますよね。

婚活中の方もこれから婚活を始める方も、
まずは自身の市場価値を見直してみてください(^^)

    新着情報一覧へ